artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

そろそろイヤホン沼の入り口に、、、ラディウス  HP-BKS21 コンプライ付属 High-MFD SYSTEMを購入した私。

f:id:alice_cube:20170723171007j:image

基本的にワイヤレスのヘッドホンが好きなワケですが、せっかくハイレゾ対応のDAPを購入したので、そのハイレゾを存分に鳴らしてみようと思い、ハイレゾ対応のイヤホンを買いに電気屋さんへ行きました。

買ったばかりのAK300を携えて、イヤホンがじゃらじゃらと吊るされた一角へ2時間。最後に視聴したのがこのラディウス  HP-BKS21。ビックカメラだけの特別なカラーがこの青なのだそうです。ラディウスさんと言えば、AndroidタブレットをDAPっぽくするのに試してみた高音質?音楽プレイヤーアプリのまとめと雑感 - artext.designで紹介した悪名高き1800円もぼったくったAndroidアプリの開発元。しかし、ここは端から端まで視聴したのだから、先入観を捨てて、、、と聴いてみました。

“!!!!!!!!!!!!(心の声)”

音がでかい!他のイヤホンよりも音がでかい!

ベースが死ぬほど唸っている(笑)

チューニングしたヒト、、、頭おかしいのか?

と、、、言うのが最初の印象でした。でも、不思議と、聴いているうちに低音の質量が心地よくなってきて、また、低音に他の音域が埋もれてしまうかと言えばそうでもなく、この高音のざらついた感じ、ふと、昔のコトを思い出したり。

昔々、私が毎月のようにライブをしていた頃のお話、こんな“ドンシャリ”とはまた違う、、、ギリギリの音を出すPA屋さんがいたなぁ、、、なんて。すると、このイヤホンの表現は綺麗に音楽を聴かせてあげるコトよりも、ライブ感、それも小さな箱の中、客と奏者が近く汗にも触れられそうな位置でのそれを目指しているのかな、、、と感じてみたり。

気がつけばレジでお会計していました(笑)

色は他に黒と赤もありましたが、“特別色”というコトもありこの青にしました。攻殻機動隊のタチコマさんみたいですね。

f:id:alice_cube:20170723174219j:plain

音だけで言えば良いものは他にもいくつかありました。でも、私の耳の穴って耳栓型のイヤホンに合わないようで、何を買ってもイヤーピースで工夫しないと装着感がいまいちなのですが、この機種はすごくしっくりときました。本体にくっついてるMサイズで耳から落ちない。それも大きかったです。

Amazonさんの説明文によると、、、

■人間工学(エルゴノミクス)観点から設計された機能的なフォルム

外耳の下部分に沿ったデザインとなり、装着後には出っ張らず、横になっても痛くなりにくいデザインです。ハウジングが耳から飛び出さず、高い装着感と審美性を両立しました。また、イヤーピースの装着位置を2段階で調節でき、自分のベストポジションに装着することで、低音域を逃さずより精度の高い音楽再生を実現します。自分の耳にしっかりフィットさせることで遮音性を高めつつ、耳へのストレスを軽減するため、通勤や通学に最適です。

なのだそうです。エルゴノミクスバンザイですね\(^o^)/

そして開封!

f:id:alice_cube:20170723171314j:image

耳栓型なので、タッチノイズはありますが、お洒落な布巻きの割には少なく、ウォーキングのお供にはちょっとつらいですが、お散歩のお供やお出かけには良さそうです。

radius Ne HP-NHR21 [レッド]

radius Ne HP-NHR21 [レッド]

 

仕様

  • 型式: ダイナミック型
  • ドライバー : Φ13.0mm
  • 出力音圧レベル : 103 ±3 dB(@ 1KHz/100mV input)
  • 再生周波数帯域:5Hz-40000Hz
  • 最大入力:5mW
  • インピーダンス:17Ω±15%
  • プラグ:Φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ
  • ケーブル長さ:約120cm(Y型)ナイロンタイプ
  • 質量:約18g(ケーブル含む)
  • 付属品:コンプライイヤーピース(S、M)×各1セット、シリコンイヤーピース(XS、S、M、L)×各1セット、取扱説明書/保証書×1

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement