artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

映画 バイオハザード(Resident Evil) シリーズを一気観しました。

f:id:alice_cube:20170616142044p:plain

バイオハザードの最終作品。『ザ・ファイナル』がオンデマンド配信されていたので一気観することができました。

バイオハザードとは

『バイオハザード』 は、2002年公開のアメリカ映画。日本のゲームメーカーであるカプコンのゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画である。日本では、アミューズピクチャーズ配給で、2002年8月31日に松竹系で公開された。

バイオハザード (映画) - Wikipedia

時系列で並べるとこんな感じです。

  1. 2002年 バイオハザード
  2. 2004年 バイオハザードⅡ/アポカリプス
  3. 2007年 バイオハザードⅢ
  4. 2010年 バイオハザードⅣ/アフターライフ
  5. 2012年 バイオハザードⅤ/リトリビューション
  6. 2016年 バイオハザード /ザ・ファイナル

アフターライフでは歌手の中島美嘉さんが第一感染者としてオープニングから妖艶な雰囲気で撮影されているのが印象的。リトリビューションではゾンビになって主人公と死闘を繰り広げます。ザ・ファイナルでは、ローラが出演していますが、、、ローラと知らずに観ていたら、きっとローラと気付かないくらいにちょい役です。なんて言うか、、、はみ出てきたゾンビにやられちゃうって残念な感じかな。

 

バイオハザードの思い出と言えば、初代のPlayStation(以降、ゲーム機は購入していない)を購入して初めてプレイしたのがこのゲーム。ボタンがいっぱいあって操作が難しく、壁にキャラクターの肩を擦りつけながら『本当なら痛いだろうな~』などと思いながらプレイしていました。

そんな事を考えながらみていると、、、

『バイオハザード ディジェネレーション』 (Resident Evil: Degeneration)も配信されていて、こっちはCG映画。よりゲームに近い感じでした。こちらは、ラクーンシティの悲劇から数年後の世界での出来事を描いています。

 

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement