artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

介護職が観るべき映画 『インサイド・ヘッド(原題:Inside Out)』

f:id:alice_cube:20170605190019j:plain

11歳の少女ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち――ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。誕生や成長と共に生まれた彼らは、彼女を守り幸せにするために日々奮闘している。そんな中、ライリーは、父親の仕事の都合で生まれ育ったミネソタの田舎町を離れ、慣れない大都会サンフランシスコへ引っ越すが、、、。

彼女の生活とリンクするカタチで、頭の中の小人、ヨロコビとカナシミは事故が起こり感情の司令塔の外に投げ出されてしまう。指揮官を失った司令塔に残ったイカリ、ムカムカ、ビビリ、は状況を改善しようと試行錯誤を重ねるが、どんどん事態は悪化していく、、、。

この映画は、ピート・ドクター監督自身の娘が11歳になって、不機嫌になったり、無愛想になったり、反抗期が始まった頃、彼女の頭の中では何が起きているのだろう?そんなことに着想を得て企画されたそうです。難しい年代の精神の発達過程と現実生活がそれに与える影響を交互にとてもテンポ良く見せてくれるので、後半戦になってくると、どうなるんだろう?どうなるんだろう?と大人でもドキドキしながら観ることができます。

さて、何故にこの介護職におすすめなのか?と言えば、よくよく細かく見ると、リロケーションダメージの問題や、ストレスからの興奮、暴言、抑うつな状態、、、対象をお年寄りに見立てると、そのドラマの場面場面にわたしたちが現場でよく見るエッセンスがとても多く発見できます。この映画を観て、現場に入ると、今、このおばあちゃんは“イカリ”が発射ボタン押したのかなぁ、、、とか、“ヨロコビ”どこ行った?とか、そんな風に思えて、どんな状態でも心穏やかに、むしろ可笑しみをもって接するコトができるようになるんです。

ちなみに、原題は“Inside Out”といいますが、その意味は“ひっくり返し”、“裏返し”、“裏表”といった意味になりますが、その感情、その態度、言葉の裏側には、、、と考えると、もっと深く作品を楽しめると思います。

ひとつネタバレするのなら、、、『楽しいだけの人生は人生にあらず』といったところでしょうか?そう言えば、映画のマトリックスでも、『人間にとっての理想郷を作り上げたら、人間がそれに順応できなかった』ってコメントがあったな。福祉的に言えば、『老年期はなつかしい思い出と、経験から生まれた知恵にあふれる。』の思い出と経験はどんなもの?って感じかな。

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement