artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

わが愛機 Lenovo Yoga Tab 3 Pro 10 が素敵すぎて手放せない

この記事をシェアする

f:id:alice_cube:20170611174508j:plain

最近、WWDC 2017で新しいiPad Proが発表されましたね。

av.watch.impress.co.jp

実は私もちょっと前まではiPad信者だったのです。

初代から初めて、iPadの3世代目、iPad Air と概ね1個とばしで更新していきました。初代が出たときは、斬新で素敵すぎて、所有する喜びを感じていたのですが、時間の経過と共に、何となく、、、何となくスペックは向上しても喜びという点で薄れてきてしまいました。

そうなると、ヒトというのは不思議なもので、そのもの自体の弱点に関して考え始めてしまう。もっと良いものはないのか?ここを補うコトはできないのか?と。そうしていくと、アクセサリー類に走るのだけれども、やればやるほどに本末転倒な雰囲気になってくる。で、装着すればするほどに美しさが損なわれていくという堂々巡り。その代表的な例がスタンド問題と言えましょう。

そんなスタンド問題を解決したのが、Surface Proさんでした。こちらは第三世代からの購入。とかく、後ろのカシャーン!なスタンド、タッチペン、全てがクールで、ついに乗り換える日がやってきました。Airは母親へプレゼント。

ただ、Surface Pro 3 さんの場合、残念なコトにWi-Fiルーターが必要で、最初のうちは喜んでルーターと持ち歩いていましたが、ついにXデーを堺に、持ち運びをしなくなりました。そう、その日は、、、ルーターの充電が切れているコトに気づかず、Surface Pro がただのPCになってしまった日でした。

ここで、いかにiPadが素敵なものであったのかを知るワケですが、今更、、、な気もしており、ついにAndroidの道へ行くことに決めました。

ちなみに、その、決め手は、、、画面のカスタマイズでした。

小さくて大きいこの理由。

持ち物には個性を出したいと願うのが人間(?)、でも、iPadはどうしたってカスタマイズできない、Windowsに至っては知恵が必要、でもAndroidは、、、?もうそのニーズに応えるアプリが多数あります。

とは言え、野良OSと揶揄されてしまうようなAndroid、買って損をするのも嫌で、まずはこの機種を買ってみました。

 なんと、3万円以下!失敗しても悲しみは少ない、、、はず!と思い購入したのですが、さすがに昔のAndroidと違って、操作感に問題はほとんど感じませんでした。もちろん、iOSと比較してしまうと、やっぱり、もっさりな感じはしますが、目くじらを立てるほどでもなく、むしろ、画面がカスタマイズできる喜びや、本体にスタンドが付いてくる、それだけで、胸が熱くなりました。アプリに関しても、私のようなライトユーザーレベルが使うアプリは当然のことながら、iOS、Android、双方にあるので不便もありません。

そして、ある程度、触ってみて、ついに、YOGA Tab 3 Pro 10 の購入に至ったワケですが、、、こちらは当然、sim フリーのものにしました。そして、値段は倍、そして、Proの“Pro”はプロユースの“プロ”ではなく、プロジェクターの“Pro”。当時は7万円以上しましたし、何となくネガティブな情報もあったりしたのでドキドキしましたが、購入から今に至るまで、特に不具合なく元気に動いてくれています。

(プロジェクターに関しては購入して今に至るまで使う機会がありません(笑))

 仕様

 

製品名 YOGA Tab 3 Pro 10
CPU Intel Atom x5-Z8500(1.44GHz/バースト時2.24GHz)
メモリー 2GB
ストレージ 32GB SSD
ディスプレー 10.1型ワイド(2560×1600ドット)
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェイス microUSB、マイク/イヤホン端子、microSDカードスロット
本体サイズ/重量 幅247×奥行き179×高さ4.68mm/重量約665g
バッテリー駆動時間 約18時間
OS Android 5.1

※2016年12月のリニューアルされた使用は、OSがAndroid6.0、CPUはIntel Atom x5-Z8550 プロセッサー、メモリーも4GBに増加されるなどの改良が加えられています。詳細なスペックは以下を参照の事。(私の機種も6.0にメーカーがアップグレードしてくれる予定になっている、、、がずーっと準備中。⇒Android アップグレードマトリクス - Lenovo Support

2016年

12月13日

2015年

10月27日

f:id:alice_cube:20170611185215p:plain

こんな感じに、スタンドを使用しない状態で、20°、スタンドを使用して30°~60°立てられます。20°~30°の傾斜がついていると、外部キーボードを使わず、スクリーンのキーボードのみで作業する際にはちょうど良い角度。そんなワケで、スペースのない場所でキーボードが邪魔になるときは、平たく傾斜したそれで文字を打っています。

メモリは64GBのマイクロSDカードを入れて、その中は音楽だらけ。普段はカバンの中にスリープモードになっていて、聴きたい時にはヘッドホンで操作します。ちなみに、夜勤の時には、本体のスピーカーで8時間くらい音楽を流しっぱなしにしているけれども、電池の残量はそこまでやっても、約60%減少(残り約40%)くらいで、余力はたっぷり。そんなバッテリーも3時間程度の充電でなんと100%。

そして、スピーカーは、世界的なメーカーJBLスピーカーを4つならべたサウンドバーを搭載し、DOLBY ATMOSテクノロジーによるサウンド効果やWolfsonによるノイズの軽減効果付きという贅沢仕様。

YOGA Tab 3 Pro 10は私にとって、やっと見つけた最適なタブレット。周囲に使っているヒトもいない。ちょっとドヤ顔で毎日楽しませてもらっています。

 

私の持っている方↓

新しい方↓ 

 

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement