artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

【社会福祉主事2015年】社会学

f:id:alice_cube:20161010113126j:plain

社会学 総合評価A 90点(うちレポート40点)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

『情報化と社会福祉の関係』

 ここ数年、スマートフォンやタブレット端末の台頭でひと昔前までは運用するにあたり高度とされていた機能、使い方も今や安価、ときには無料でアプリケーションをインストールすることで手軽にその仕組みを意識しなくとも扱えるようになった。しかしながら、私はその『意識せず』使用していることに危惧を覚える。例えば、現在、最も多く使われているであろう無料通話、チャット、メールアプリであるLINEだが、以前、これを職場で情報共有、連絡ツールとして活用しようという案が持ち上がったことがある。結局、それが実現することはなかったが、私はそれに強く反対した。その理由は安全性である。プライベートで使用するのならともかく、仕事でそれを利用するなら情報の保守に関しても検討すべきだが、便利というだけで安易に提案してしまうのはその仕組みに関して無頓着である証拠だろう。私の祖母を預けている施設では、入居者家族とのやり取りにそれを実際に使用している。しかも、施設としてのアカウントではなく、担当職員個人のアカウントでだ。その他、居宅事業所でもそうした例があるとも多く聞く。おそらく、中小零細事業所が多数を占める福祉業界では、一般的な企業と比較して情報機器やサービスの取り扱い、その考え方に関してかなり遅れているのだろう。こういったツールは便利な反面、使用者同士の距離感を曖昧にする負の面もある。公私混同せぬよう高度な道徳観が必要である。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントは『あなた自身の言葉や意見が加えられ、よくできています。文章の表現や取り上げ方についてさらに練り上げていかれるよう期待します。』でした。

実際、うちのおばあさんを預けてる施設の職員がラインで平気にコンタクトを取ってくる。まぁ、両親は便利だと言ってるし、私にではないからまだよいけど、、、。でもなんか嫌。

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement