artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

或る老人 自ら死地を決める

f:id:alice_cube:20161010112459j:plain

その老人は息子が成人してから30年もの間離れて暮らしていた。そもそも、親との同居がうまくいかない理由がここにある。高度経済成長期以降の核家族化は親子間の空白の時間を作ってしまっている。もちろん、盆暮れ正月には子は帰省するのだろうけれども、その短い間、親は良い親でいようとし、子は良い子でいようとする。短期的にパフォマンスを上げた付き合いを互いに数十年続けるわけだから、双方に同居することになっても、さほど大きな問題はないと考えてしまう。ところが、その破綻というものは数ヶ月でだいたい訪れる。同居し始めた頃はお互いに気を使いながら、気遣いながらうまくやっているように見えてストレスを溜め込んでいる。どちらかが耐え切れなくなったとき、問題は堰を切ったように家庭内に不穏をもたらす。同居とはそんなもの。我が家でも同じ問題を抱えている。

さて、その老人はある日突然、自らの足で(移動は親族の力を借りて)有料老人ホームと入居の契約を交わしてきた。本人の言い分はこうだ。

「あの家にいたらね、私が動けなくなった時に何をされるか分からないんだよ。まだ、頭がしっかりしているうちに、、、自分の身は自分で守らなくては。」

曰く、同居し始めた頃はそれなりに幸せに過ごさせて頂いたけれども、一緒に住んでいるうちに腐った性根が見えてきたという。言葉も乱雑になり、親を親とも思わない物言いをする、ついに嫁もそれに加担してきたと。ある意味、こうして(ショートステイで)離れる時間ができるとほっとするのだそうだ。そこで、自分でまだ自分の財産を管理できるうちに有料老人ホームに入って、もしも本当に介護が必要になったとしても(本人は要支援)家で放置や、虐待されないようにしようと考えたようだ。

家族はと言えば、半ば呆れてしまいながらも、この結末には満足をしている様子で、

「最初は良かったんですけれどね、一緒に住み始めてからというもの、“こんな人だったのか”って気持ちが強くなってきて、こう、私達の家に入ったのに、その家の主のような大きな顔はされるし、チクチクといまさら“嫁”であることの自覚みたいなものを言われるし、主人は主人で還暦過ぎても子供扱い、自分で有料老人ホームに契約に行ったのは驚きましたし、当初は怒りもこみ上げてきましたけど、結局、これで良かったのかなって。」

などと言っている。

双方の過ちは、30年も別の人生を歩んでいて一緒に住んでいた頃と互いに同じであろうはずがない、という単純なコトに気づかなかったコト。たまに会う時間がとても互いに大事なものだから、多少問題があったとしても目をつぶったり、理解を示してみたりする、それが故に互いに相手の人格に過剰な期待をしてしまったというコト。

結局、昔々のように“家”という強固な制度があって、家督相続という形で家と親が一緒についてくる時代、長男はそのまま家に残り、嫁を家に入れて死ぬまで一緒に過ごしていくという時代なら、空白もなく、その家の道理に従ってさえいれば、多少の葛藤は抱えながらも大きな問題はなかったことだろう。今の時代において、親との再同居というのは新しい病のようなものなのかもしれない。

「ただね、残り少ない人生だから安心して暮らしたかったのだけれども、あの有料老人ホームというところはここと同じで貴金属やお金を手元に置かせないんだね。自分の足で自分の身ぐるみを剥ぎにいくというのも滑稽な話ですな。」

利用最後の夜、その老人はそう言って悲しそうに苦笑いをしていたのを覚えている。

ただ一つ言えることは、有料老人ホームにしろ、グループホームにしろ、特別養護老人ホームにしろ、その入居はほとんど本人の意思を汲んだものではなく、家族の都合である。そんな中、不本意なものであったとしても、自分でそれを選択することができたというのは、とてもとても大きなものだと私は思う。そう思いたい。

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement