artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

Essential Dementia Care Guide 14 介護者のセルフメンテナンス

f:id:alice_cube:20161010113126j:plain

ヒトがヒトを扱うストレスは計り知れない。 故に介護者は身も心も健全に保つ為にセルフメンテナンスが必要だ。

心の健康度を高める7つのヒント

  1. 健康の3要素:睡眠、食事、運動
  2. 自分の身体と話し合う習慣をもつコト
  3. 休んでから頑張る、リズミカルな生活を送るコト
  4. 計画的に取り組み、効果を評価するコト
  5. “遊び”と“無駄”で心にゆとりを持つコト
  6. お互いが労りあえるコト、孤立せず意見交換ができるコト
  7. 正しいメンタルヘルスや医療知識の獲得と保健所など専門相談機関の利用するコト

支援者の燃え尽き防止策

  1. 疲れを翌日に持ち越さぬコト
  2. 自分だけの時間をか確保するコト
  3. 仕事、酒 以外のストレス解消法を持つコト
  4. 自分一人で抱え込まないコト。(あせらない、あわてない、あきらめない)
  5. 保険医療福祉の専門相談機関の活用するコト
  6. 様々な社会資源を浅く広く知って利用するコト

燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム Burnout syndrome)は立派な“心の病”その名の通り“エネルギーを使い果たした結果、疲れ果ててしまった事”を意味し、この症状は“対人サービス”、“無形のサービス”を提供する従事者に多いとされています。オーバーワークだったり、つまらない仕事が山積みになっていたり、身の丈以上、極端に高い理想や目標に突き進んでいたり、こんなコトが原因で発症してしまうようです。

本来、職場環境の改善やそこで働く人間の“仕事のストレス”に関しては、その会社が対応するべきことですが、私の経験から言えば、よほどちゃんとしたトコロでないとそこまで手厚くありません。結局、自分の身は自分で守らなければならないというコトです。

 

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement