artext.design

“artext.design”はただのブログです。 一見、何の変哲もない静かなブログですが、 いつでも野望は100万PV。 私は文で呼吸したい。


advertisement

Essential Dementia Care Guide 10 Dive into the world of dementia 認知症のヒトの内的体験を知る Ⅰ

f:id:alice_cube:20161010113126j:plain

認知症の中核症状を知るにはその世界に入るしかない。しかし、認知症になってしまうわけにもいかない。そもそも、なろうと思ってなれるようなものでもない。それ故、認知症当事者の語る内的体験はとても貴重だ。

いつもの世界が消えて見知らぬ世界に迷い込む

 

f:id:alice_cube:20170605185934p:plain

ある日、いつものように通りを歩いていると、ふと、世界が切り替わる 見たことのあるような、ないような風景、街並みが広がっている ヒトもちらほら歩いているけれども そのコトバは何を話しているのかよくわからない

周りの世界が飛ぶよう、、、ついていけず茫然自失

周りのヒトが楽しげにおしゃべりしている わたしにも話しかけてくれている 何を話しているのかがわからない 世界が足早に通り過ぎていく そして、私だけが取り残される

ささいな刺激が攻撃してくる

 

f:id:alice_cube:20170605185952p:plain

テレビの音、携帯電話の着信音、足音、、、 遠くから聞こえるヒトの声、、、車 すべてが入り混じり 無秩序な不協和音が わたしの心を苛立たせる 光すら

自分の身体の内側から、得体の知れない何かが攻撃してくる

 

f:id:alice_cube:20170605185940p:plain

得たいの知れない“何か”が身体の中から這い出してくる 分からない、、、ただ分からない それはひどく不愉快で 静かに通り過ぎていくのを 待つことなんてできやしない

自分自身が崩壊していく

 

f:id:alice_cube:20170605190111p:plain

分からないことが多すぎる 自分自身のコトですら ふとこのまま自分が消えていくのではないか そんなコトを考える そもそもわたしという存在は 、、、もう疲れた

かつての大事なヒトやこだわりが、、、今、まさにここにある

 

f:id:alice_cube:20170605185946p:plain

彼女の目の前には 彼女の愛した夫はいない それでも彼女の“今”あるその世界には 彼がいて 彼女は必死に呼び続ける

参考文献・引用文献 認知症介護実践者研修資料
 

ご利用の皆様へプライバシーポリシーなど

advertisement